ローソン 中国でプレハブ型店舗 公園や建設現場への出店も コンビニ需要の高まりに対応

ローソンは7月31日、中国江蘇省南京市にプレハブ店舗を2店舗出店した。経済発展に伴い南京市でコンビニの需要が高まっているのが背景。20年度中に中国で10店舗以上のプレハブ店舗の出店を目指す。

今回出店したのは、店舗面積約15坪の通常タイプと店舗面積約1.5坪の狭小タイプの2店舗。プレハブ店舗は、プレハブ素材を活用することで通常のローソン店舗に比べて店舗建設期間が大幅に短縮できる。店舗の移動や再設置が容易なことから、これまで出店が難しかった公園、建設現場、駐車場などへの出店も可能となる。

環境負荷軽減も見込む。外壁・屋根の断熱材を増やし外壁・屋根面からの熱伝導を抑制することで店内の熱負荷軽減が可能となる。要冷機器の使用量を遠隔監視することで省エネルギー効果も期待できる。

中国国内のローソンは、新型コロナウイルス感染拡大防止による外出自粛や在宅勤務が広がる中、商店が少ない地域の住人や遠くまで外出が困難な人たちのライフラインにもなっている。

ローソンは6月末時点で中国に2千707店舗を展開。引き続きエリアライセンス契約や各地でのメガフランチャイズによる出店で3千店を超える規模に拡大していく。