“角刈りラテ”は初めてちゃう? ミルクボーイのアートラテ、「花のれんタリーズ」に登場

タリーズコーヒージャパンと吉本興業のコラボ店「花のれんタリーズコーヒー なんばグランド花月店」は22日から、タリーズ初のデジタルアートラテ「笑ラッテ(ワラッテ)」の販売を始めた。

酒井藍、アインシュタイン、ミルクボーイ、見取り図それぞれの姿を描いた4種類のラテを揃え、税抜き580円で提供する。コーヒー由来の食用インクを使い、忠実に描かれている。

この日は酒井藍とミルクボーイが来店。「角刈りでラテになったのは初めてとちゃいますか」と喜んだミルクボーイ・内海崇だったが、酒井藍が吉本新喜劇のキャラクター“藍五郎”として描かれているのを見ると「藍五郎とかぶってるやん」とつっこんでいた。

ミルクボーイのアートラテ4種(笑ラッテ(ワラッテ)/タリーズ)

ミルクボーイ・駒場孝は「最近までグッズすらなかったので、ラテにしてもらってうれしい」と喜び、酒井藍は「一番描きやすいと言われた。効率的だから選ばれたんですかね」と笑わせていた。

発売から1か月間、SNSに投稿された写真の数を4組が競い、1位になった芸人は同店で使えるタリーズカード10万円分と、店舗でイベントを開催できる権利が得られる。