普通の夏が懐かしい

7月も終わりだというのに、まだ梅雨が明けそうもない。今年の関東の梅雨入りは6月11日、かれこれ50日近くをジメジメ、ジトジトの中で暮らしている。昨年も平年より4~5日遅れの7月24日に梅雨が明け、長雨と低温に見舞われた年だった。

▼アイスのガリガリ君は、例年なら梅雨明けと同時に情報番組からの取材が殺到し、いよいよ夏本番という切り口で取り上げられ、夏の風物詩ともなっていたが昨年に続き出番がない。まさか2年連続とは思わなかった。

▼アイス各社は例年より多めの在庫で6月を迎えている。1~2月と比べ7~8月は5倍ほどの売れ行きとなるため、年度初めから最需期に向けた製造を行い夏に備えるが、末端が動かないため物流会社の冷凍庫などは満杯状態。

▼本当は止めたいところだが、資材と人の関係から急にラインは止められず、空きのある冷凍庫を探しながら綱渡りの操業となっている。3年前は猛暑で品切れを起こさないための綱渡りだったのでこれで3年連続のタイトロープ。普通に梅雨が始まって終わり、普通の夏が来た頃が懐かしい。