新領域“具だくさんおかずスープ” 「クノール ポタージュで食べる豆と野菜」 味の素

味の素は、8月22日から全国で袋のまま電子レンジで温めるだけで、豆や野菜の栄養が摂れ、食べ応えのあるスープが楽しめるストレートタイプのスープ「クノール ポタージュで食べる豆と野菜」(160g)において「深いコクの完熟トマト」と「素材を味わう栗かぼちゃ」「緑の彩りえんどう豆」を発売する。

「今後、人口拡大が見込まれる50~60代のプレシニア・シニア層の女性は、栄養バランスについての意識が高く、特にたんぱく質や食物繊維を摂取するため、豆や野菜などを食生活に積極的に取り入れたいと考える人が増えている」と同社。特に一人食の際は、主食か主食+主菜のワンプレートになるなど食事の栄養バランスが崩れがち。そこで豆や野菜をたっぷり7~8品目使用した食べ応えのあるポタージュを、袋のまま電子レンジで温めるだけで手軽に食べられる新製品を発売する。

具だくさんで食べ応えがあり、素材そのものとブイヨンのうま味を生かしたレシピにより、和洋どんな食卓にも電子レンジで温めるだけで簡単に1品プラスできることが特徴で、“具だくさんおかずスープ”を提供し、プレシニア・シニア世代の健康な食生活に貢献。今後は「クノール」ブランドの新たな領域を確立する考え。

2020年度の「クノール ポタージュで食べる豆と野菜」の売上目標は、3品種合計で約5億円(消費者購入ベース)。販促ではTVCM・BS広告・新聞広告・デジタル広告を通じて認知拡大を目指す。