子どもの野菜嫌い克服へオンラインで「アフタースクール」 カゴメ

カゴメと放課後NPOアフタースクールは13日、子どもの野菜嫌い克服を目指す連携子育てプロジェクト「おいしい!野菜チャレンジ~トレジャーハンター編~」プログラムを東京都北区の星美アフタースクールで開催し、小学1年生から小学3年生までの20人の児童が参加した。

同プロジェクトは、カゴメの野菜の知見と教育現場で経験豊富な放課後NPOアフタースクールの強みを掛け合わせ、子どもたちの野菜嫌いを克服しようという取り組みで、2018年4月に開校以来、各所のアフタースクールで行っている。

今期は1月より募集を開始し、通常の「おいしい!野菜チャレンジ」を予定していたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、今回は急遽オンラインプログラムで実施。スタッフ・児童とも検温、消毒、マスク着用など最善の注意を払って行われた。

スクールは、「遠隔でも本物の体験ができるよう野菜の実験などを通して野菜に触れ親しんでほしい」「野菜に興味をもち試飲することで、野菜に対する肯定感を高めてほしい」などを目的にプログラムが組まれ、オンライン参加によるカゴメ社員の野菜先生とともに、クイズやゲームを通して野菜の種類や栄養などを学び、最後に野菜トレジャーハンターの認定証が児童に渡された。

終了後には児童から「野菜シルエットクイズが楽しかった」「これまでも野菜が好きだったけれど、プログラムに参加してまたちょっと野菜が好きになった」「いつもは野菜ジュースを飲まないけれど、飲んでみたらおいしかった」などの声が寄せられた。