リセットされた「これまで」

劇団で運営も担当する、役者の知人は「コロナ禍で、これまで信じてきた価値観などがドンドンと崩れ去っている」と言っていた。公演や集客、お金のやり取りなどで、これまでの方法が通じないだけでなく、客の雰囲気なども大きく変わっており、公演を単にオンライン化しただけではダメだ、と感じているそうだ。

▼小売や生産の現場などで導入が進むAIでも似たような話がある。AIは過去データの学習を基に判断するが、コロナ禍では過去データの積み上げが役に立たず、技術者たちの頭を悩ませる場面もあったそうで、「AI開発競争自体がリセットされた」と話すSEもいる。

▼未知の事態が急速に進展する中では、昨日までの成果が持つ意義は急速に薄れていくだろう。まさに「リセットされた」状態だ。積み上げたものが崩れるのは残念だが、別の見方をすれば、皆が再びスタートライン付近に戻ったともいえる。これまでの遅れを挽回し、あるいは新しい方式を導入するチャンスでもある。

▼日本も世界も、歴史の中で大きな転換点を幾度となく経験してきた。現代に生きるわれわれも、それに耐えうるかどうか、まさに試されている最中だ。