企業と消費者にギャップはないか マルハニチロ 池見賢社長

4月の社長就任後、コロナ禍対策に明け暮れてきた。今までの常識が覆り、全く新しい価値観が次々と生まれてくる中で、企業としてどのように生き残れるのか、どのように社会的責任を果たすのか、正念場を迎えている。

巣ごもり消費という現象も生まれたが、このトレンドをこれからのニューノーマルととらえるのは多少危険だと考える。人々の消費行動と意識は変化し続けており、それらを深く掘り下げ、消費者一人一人が本当に求めているものと、われわれが提供する価値との間にギャップが生じていないか、そうした視点であらゆる事業、商品、サービスを推進していく。(3日の会見で)