ウィズコロナ時代の新習慣 “菌トレ”で体を鍛えよう!

ウイズコロナの時代を迎え、乳酸菌やビフィズス菌による“菌トレ”が注目されている。

“菌トレ”とは、「乳酸菌で体を鍛える」という新たな動き。明治は「乳酸菌で体をきたえる」をスローガンとする「明治プロビオヨーグルト『菌トレ部』」を結成した。ウイズコロナ時代、新しい働き方、新しい生活様式などの変動の時代に負けない“強い体づくり”に向け、「長年研究に取り組んできた乳酸菌で役立てないだろうか」(同社)という思いから結成したもので、代表メンバーは「明治プロビオヨーグルト」ブランドのCMキャラクターを務める古館伊知郎さん、吉田沙保里さんとMattさん。

活動の第1弾として6日から、予告編と「菌トレ部結成!みんなでMatt化しよう」篇をWeb上で公開する=動画。「菌トレ部」の結成を契機に、リモートで部活を開催。それそれの得意分野を教え合い、チャレンジするという内容。第2~第5弾も順次公開する予定。3日から12日まで、抽選で100人にヨーグルトギフト券が当たるTwitterキャンペーンも実施する。

一方、森永乳業は「ビフィズス菌トレプロジェクト」を開始した。同プロジェクトは、「ビフィズス菌」が持つチカラで、全身の健康の要である大腸の腸内環境を整え、人々の健康的な生活をサポートすることを目指すもので、「ビフィズス菌トレ」を中心に、さまざまな情報を発信していく。

プロジェクト第1弾として、プロサッカー選手長友佑都選手が代表を務める株式会社Cuore(東京都港区)とタッグを組み、大腸の腸内環境改善サポートに取り組む。第1弾では、同Webサイトや長友選手、森永乳業のSNSなどで、長友選手の「ビフィズス菌トレ」の取り組み内容や体験レポート、ビフィズス菌や腸内フローラに関する正しい知識やトレーニングメニュー、大腸の役割や重要性などについて紹介する。

新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、「免疫」や日々の「体調管理」に対する注目が高まる中、乳酸菌やビフィズス菌などで体を鍛えようという「菌トレ」に関心が集まりそうだ。