今夏は高温、ピークは8月 ダブル高気圧で猛暑も

今年の夏は全国的に平年より高温傾向で、暑さのピークは8月とされており、太平洋高気圧とチベット高気圧の張り出しが重なるタイミングで猛暑となる見込みだと言う。これはウェザーニューズが「猛暑見解2020」の中で発表したもので、夏物商材にとっては大きな需要が期待できそうだ。

それによると、7~9月の気温は西日本、東日本で平年より高く、北日本と沖縄では平年並~高い予想。梅雨明け後の夏は全国的に平年より気温が高く、西日本や東日本を中心に厳しい暑さとなる。9月に入っても高温傾向が続き、彼岸の頃までは残暑が厳しくなりそう。

暑さのカギとなるのが太平洋高気圧とチベット高気圧の影響。同社では「太平洋高気圧とチベット高気圧は広がる高度が違うため、チベット高気圧が日本付近まで張り出すと、太平洋高気圧と上空で重なり合ってダブル高気圧となり、二つの高気圧が非常に背の高い一つの高気圧のようになって厳しい暑さをもたらす」とし、35度以上の猛暑日が続いたり、フェーン現象が起こりやすい場所では40度前後の酷暑になることもあると予測している。