今春中止のFOODEX 動画チャンネル開設 世界中のバイヤーに配信、商談活性化目指す

日本能率協会は世界90か国以上から出展者、来場者が集うアジア最大級の国際食品・飲料展「FOODEX JAPAN」において、初めてとなる動画を活用した産業振興サービス「FOODEXチャンネル」を6月26日から配信開始した。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、中止となった「FOODEX JAPAN 2020」で失われた国内外の食品メーカーとバイヤーの商談機会を創出するため、YouTube上に食品メーカーが製品アピール動画を掲載できるプラットホームとして「FOODEXチャンネル」を開設。アップされた最新動画は、事務局がメールで世界中のバイヤーに定期配信する。

FOODEX JAPAN事務局が食品バイヤー向けに行った調査(調査期間5月15~29日、回答者数533人)によると、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う経済活動の自粛や海外渡航制限で回答者の8割以上が新商品の調達ができておらず、また回答者の約25%以上は従来型の展示会などを通じた新商品の調達は21年1月以降を想定している結果が明らかとなった。

こうした状況を踏まえ、事務局側では中止となった「FOODEX JAPAN 2020」および来年3月開催予定の出展食品メーカーの商談機会を支援するため、「FOODEXチャンネル」を開設。メーカー各社の製品アピール動画や、海外各国の注力製品についての対談動画、注目製品の調理実演動画を集め、食品バイヤーへ定期的に情報配信することで、食品メーカーとバイヤーのオンラインによる商談機会の創出につなげていく構え。

FOODEX事務局では「日本国内のみならず、世界各国の食品を紹介する動画プラットホームの形成を目指す」という。

なお、「FOODEX JAPAN 2021」は来年3月9~12日に千葉県・幕張メッセで開催予定。10月9日まで出展企業を募集しており、出展申込企業はブース展示とあわせ、「FOODEXチャンネル」に動画をアップすることができる。

46回目となる来年3月のFOODEXは「輸入食品」「日本食輸出・和食産業展」「FOODEX Frozen」「FODEX TECH」の注目ゾーンに加え、新企画として「SDGs in FOODEX JAPAN 2021」を初開催する。

FOODEX チャンネル:
https://www.youtube.com/channel/UCa7byQwjztDpW9ZRElNSLYw/videos