「新丹波醸房」が完成 本田味噌本店・西京味噌

本田味噌本店、西京味噌(京都市上京区)は、京都府綾部市の工業団地に新たな生産拠点としてかねてより建設を進めていた「新丹波醸房」が完成し、8月から操業を開始する。

国内24年ぶりの新工場となる新丹波醸房(綾部市とよさか町12―2)は、鉄骨3階建て延べ約9千㎡。味噌、味噌加工品、受託生産などを行う。白味噌発祥の地・京都の地域特性を生かしながらHACCPに準じたより高度な衛生管理を行い、環境への負担も低減した生産設備となっている。

伝統的醸造技術をより高度に活用する最新の設備を導入し、グローバル基準の味噌作りを行う。 国内外のニーズに柔軟に対応するため、生産・開発スペースを2倍に拡張し、隣接する綾部流通センターと合わせて、開発・生産・発送までを一貫して行う体制を整えた。

環境への配慮として工場排水をバイオガスと二酸化炭素に分解し、ここで得たバイオガスをエネルギーとして利用することで廃棄物を減らして環境負荷を軽減する。

また、生産性と労働環境にも配慮し、研修室としても利用可能なホールに加えグループミーティングにも活用できる食堂、卓球場など、働く人が気持ちよく過ごせる環境を整えている。