さば缶1万個寄贈 フードバンクや医療機関に コロナ禍克服支援へ日本水産

日本水産は、コロナ禍で生活に大きな影響を受けている人々や医療従事者に対して支援を行った。

支援内容はニッスイ缶詰「さばのコク旨みそ煮」計1万368缶の寄贈や、寄付金など。生活に大きな影響を受けている人々向けの支援活動は、セカンドハーベスト・ジャパン(6千缶)、東京都港区生活福祉部門(240缶)、東京都港区内子ども食堂運営者(528缶)、国連世界食糧計画(WFP)海外食糧支援(150万円)に対して実施(※東京都港区は日本水産本社所在地)。

医療従事者向けには、医療従事者を食で応援するプラットフォーム「WeSupport」(2千400缶)、東京都内の大学付属病院など(1千200缶)を寄贈した。

同社では、引き続き可能な支援活動について検討・実施するとしている。