「どん兵衛」史上初「冷しぶっかけうどん」 夏の需要喚起へ日清食品

日清食品は22日、和風カップ麺「日清のどん兵衛」ブランド史上初となる“冷やしうどん”「日清の汁なしどん兵衛 冷しぶっかけうどん」(税別193円)を全国で新発売する。

意外なことに“どん兵衛初”となる冷やしうどんは、だしのきいた濃いめのつゆをぶっかけて食べる夏においしい一品。湯切りしたうどんを冷水で冷やすことで、つるみとコシが際立つ新たな食感が楽しめる。

かつおだしをきかせたしょうゆベースの濃いめのつゆは、アクセントにショウガを加えることで、さわやかな味わいに仕上げている。“さっぱりツルッ”と食べられる新しい「夏のどん兵衛」として市場に提案していく。

汁なしジャンルについては、皿形の「焼そば」を筆頭に、「油そば」「まぜそば」などの新興勢力を含め群雄割拠という状況にある。和風麺でも汁なし商品が続々投入されているが、今回は冷やしタイプを投入することで、和風カップ麺の夏場の需要を喚起する狙いだ。