おからパウダー躍進 19年度市場は3割増 需要増で一時品薄も

おからパウダー生産量と協会加盟社数の推移
おからパウダー生産量と協会加盟社数の推移

日本乾燥おから協会はこのほど、加盟8社による19年度の乾燥おから(おからパウダー)生産量が前年比で約3割増の2千817tになったと発表した。協会設立時の15年度と比べ、市場は約3倍にまで成長した。

おからパウダーは豆腐や豆乳、油揚げをつくる際の副産物であることから、急激な需要増に対して一時品薄状態になることもあった。そこで加盟各社では、生産設備を増強することで安定供給に向けた取り組みに注力している。

これまでおからパウダーの生産量は年々増加傾向にあったが、近年は手軽に食材に振りかけて食べるスティックタイプや味付けタイプなどの新商品の投入により活用の幅が広がったことなどが成長の要因となっている。

また、同協会では「ダイエットや健康食材としてレシピ本が発売されたほか、メディアへの露出増で消費者の間で話題になったこと」「豆乳や高野豆腐メーカーなど大手企業の参入によりおからパウダーの安定供給が可能になったこと」「日持ちするため、コロナ太りの解消、巣ごもり生活の健康食材として注目されたこと」も成長の背景にあるという。

同協会ではおからパウダーの品質保持を目的に自主規格を定めており、毎年自主調査を実施。今後も規格に適合した商品に対して協会認証マークを付与するなど、消費者にとって安全・安心の取り組みを推進するとしている。