フジッコ、昆布佃煮など規格変更 業務用は値上げ

フジッコは9月1日から、昆布製品の規格と価格を変更する。北海道産昆布の高騰や物流費、製造コストの上昇に起因するもの。

規格変更するのは「ふじっ子煮」などの昆布佃煮16品と「ふじっ子」などの塩昆布9品(一部業務用含む)で、内容量を7~9%減らす。価格改定は業務用の昆布佃煮8品と塩昆布2品で上げ幅は6~10%。

同社は昨年6月にとろろ昆布とだし昆布を、11月に昆布巻を含むおせち商材を値上げした。家庭用昆布佃煮の規格変更は一昨年3月以来となる。