世界初「サンキスト」の酒類 レモネードの味わいで缶チューハイとの違い強調 眞露

眞露は、サンキストブランドとして世界初となるアルコール飲料「サンキスト レモネード・サワー」「同 オレンジエード・サワー」を9日から全国のファミリーマート、ローソン、ミニストップ、デイリーヤマザキ、New Daysで先行発売し、7月21日から全国の全チャネルで販売する。

「レモネード・サワー」は甘酸っぱくもスッキリした“大人のレモネード”の味わいに仕上げ、「オレンジエード・サワー」は2種のオレンジ果汁を生かしてブレンディングし、さわやかな甘酸っぱさを味わえるという。

レモンフレーバーの商品化を軸に検討する中、消費者調査などを重ね、米国で愛飲されているレモネードの味わいを意識して開発。サンキスト社公認のレシピとして承認された。パッケージはサンキストのロゴの視認性、レモネードであることの分かりやすさを表現。果汁のシズルが前面に出た、日本の缶チューハイとは違った違和感の創出を心掛けたとする。

いずれもアルコール4度。350㎖缶。規格はリキュール(発泡性)①。希望小売価格160円(税別)。