世界初の“塗る豆腐” ガンダムコラボ第5弾「百式とうふ」 相模屋食料

豆腐最大手の相模屋食料は3日、関東地区を中心としたスーパーやコンビニなどでアニメーション「機動戦士ガンダムシリーズ」のコラボレーション商品第5弾となる「BEYOND G TOFU」を発売した。

“おとうふをおもしろくする!”というコンセプトのもと、豆腐の新しい概念を提案すべく実現した「機動戦士ガンダムシリーズ」のコラボ商品は、2012年の「ザクとうふ」発売以来、大きくその役割を果たしてきた。

同シリーズとのコラボ商品として5年ぶりの新作となる「百式とうふ」(豆腐220g、ソース20g)もこれまでにない新しい豆腐の概念をつくりだし、豆腐を超えた豆腐「BEYOND G TOFU」として提案する。モビルスーツの百式とコラボした商品で、豆腐に金粉入りのカレーソースを添付し、世界初の塗る豆腐を実現。百式の頭部を模った豆腐にソースを塗って食べるものに仕上げた。

「百式とうふ」(相模屋食料)
「百式とうふ」(相模屋食料)

プラモデルに塗料を塗る感覚で、自分仕様の豆腐に仕上げて食べる楽しさを提案。初回特典としてカレーソースの金粉を倍にしたキャンペーン版を10万機限定で販売するとともに、シリーズ第1弾の「ザクとうふ」をよりリアルに改良した「ザクとうふ改」(200g)を同時発売した。

また、ステイホーム企画としてオリジナルペイント写真コンテストを開催する。思い思いにペイントした「百式とうふ」の写真を募集するコンテストで、入賞者にはオリジナルのGグッズ「メガ・バズーカ・ランチャー筆」を贈る。