新型コロナ対応へキューピーが緊急助成募集 総額1千万円を支援

「キユーピーみらいたまご財団」は、新型コロナ禍対応として1日から公募枠を設け、特別助成金の募集を開始した。

新型コロナウイルスの影響で、多くの子ども食堂は休業を余儀なくされている。中には手作り弁当などの提供をしながらどうにか活動を続けている団体もあるが、学校の臨時休校や世帯収入の大幅減に伴い提供する食事の頻度や数量が増え、運営団体の負担は大きくなっている。同財団は生活困窮となっている子どもたちへの食材提供、弁当配布などの食支援活動に対して、総額1千万円の緊急助成を行う。

公募枠は40団体、一律10万円給付。1~20日にかけて財団ホームページで応募を受け付けている(郵送の場合1~17日の消印有効)。選考の上、7月10日までに助成金の振り込みを実施予定。助成事業対象期間は7月1日~10月31日とする。同財団選考委員会にて選考基準に基づき審議の上、結果は6月末にメールで通知する。

同財団は直近の活動として、2~3月には子ども食堂や困窮した家庭に調味料セット2千580個寄贈、4月は子ども食堂にキユーピー社業務用商品を寄贈、5月は沖縄の米の生産量が少ないため、沖縄の子ども食堂へ福島県の復興支援活動団体のコメ500kgを寄贈と積極的な食支援を続けている。