豆乳 コロナ禍でも増勢続く 長期保存性も一因に

日本豆乳協会調べによる今年1~3月の豆乳類の生産量は前年比6.8%増の9万4千63㎘で、特に無調整豆乳が大きく伸びた。

最も大きく伸びたのは「豆乳(無調整)」で、127.3%の2万8千219㎘。生産量が最も多い「調製豆乳」は4万6千879㎘(103.5%)、「果汁入り豆乳飲料」は3千841㎘(113.5%)、コーヒーや紅茶などの「フレーバー系の豆乳飲料(その他)」は1万3千341㎘(108.6%)となり、すべてのカテゴリーで拡大。一方、主に業務用として生産している「その他」豆乳は35.9%の1千783㎘と低迷した。これは新型コロナウイルスの感染拡大により飲食店での外食控えが生産量に影響したため。

1~3月期の増勢について日本豆乳協会では「生活者が豆乳の特徴や成分の優位性に触れる機会が増えたことが後押しし豆乳(無調整)や調製豆乳などの豆乳愛飲者のリピート購入が増えた。特に1~3月期は豆乳(無調整)を使用した料理需要が拡大したことが拡大の要因となった。新型コロナウイルスの影響で生活者の買い物の仕方にも変化が表れ、長期保存が可能な豆乳の需要がさらに高まったことも一因した」と語っている。