不二製油グループ 中国2工場、平常に戻る 国内外拠点の稼働状況を公表

不二製油グループ本社は23日、新型コロナウイルスによる国内外のグループ拠点の稼働状況について公表した。なお、中国での生産停止により、営業利益4億円程度のマイナスが発生するが、その他地域の影響は軽微とした。

23日時点の稼働状況は次の通り。( )内は製造拠点数。

■日本(10)=感染防止対策を徹底し、工場は通常稼働。オフィス勤務は約90%が在宅勤務。
■中国(5)=地方政府の要請で春節後の休暇を延長。2月中旬~3月初旬以降、順次操業を再開。人員調整の対応等を行っているが、通常の稼働率に戻っている。
■東南アジア=▽シンガポール(2)通常通り稼働、スタッフは在宅勤務▽マレーシア(3)1工場は3月後半に2週間程度操業停止。現在は政府の活動制限令による出勤制限の影響で稼働率は60~70%程度▽インドネシア(2)スタッフは在宅勤務、工場は通常稼働▽タイ(2)人員調整等の対応を行っているが、工場は通常稼働▽オーストラリア(1)工場は通常稼働▽インド(1)全土対象のロックダウン措置で3月下旬から操業停止中。現時点では5月初旬の再開予定。
■米州=▽アメリカ・カナダ(5)4月にブラマー社2工場で従業員6人の感染があり、当局のガイドラインに沿って場内消毒や従業員管理を行い、数時間の停止以外は稼働を継続▽ブラジル(2)1工場で5月予定の定期整備を前倒し、4月はほぼ操業停止。4月末から再開予定。
■欧州=ベルギー(1)、ガーナ(1)ともに人員調整等の対応を行っているが、工場は通常稼働。