新型コロナウイルス構造解析 亀田製菓がプロジェクトに参加 WEBサービス用リソースの一部を提供

亀田製菓は、新型コロナウイルス感染症対策の実現に向けて世界規模で活動している「新型コロナウイルス(COVID―19)タンパク質構造解析プロジェクト・Folding@home」に参加する。

同社が保有するWebサービス用リソースの一部を同プロジェクトの計算資源として提供するもので、提供環境は各種Webサービスの拡張性および安定性向上を目的として運用中の支援環境リソースを予定している。

この環境は通常のWebサービスの品質低下を伴わずにリソース運用が可能なため、本活動のような今世界で必要とされる解析プロジェクトへ速やかに貢献することができる。

Folding@homeとは、スタンフォード大学やセントルイス・ワシントン大学などによる分散コンピューティングプロジェクト。個人や企業が保有するサーバやPCの余力(計算資源)を集め、仮想スーパーコンピュータ化して膨大な量の計算を実行するプロジェクト。世界中のコンピュータの処理能力を集結し、さまざまな疫病の治療に寄与している。