アイリス 国内マスク生産を拡大 月1億5000万枚体制へ 重要素材の不織布も内製化

アイリスオーヤマは、日本国内の設備投資をさらに拡大し月1億5000万枚の生産体制を新たに構築する。

政府からの更なる要請を受けて、国内のマスク生産を一層強化する必要があると同社は判断。政府の「国内投資促進事業費補助金」を活用することで、日本国内の設備投資をさらに拡大する。

前回発表時(3月31日)は宮城県角田工場(宮城県角田市小坂上小坂 1 番)の一部を改修して月6000万枚生産する予定であったが、これを1億5000万枚に引き上げる。

中国におけるマスクの重要資材である不織布の価格高騰による影響も考慮し、同工場内に資材製造設備も新たに導入することで内製化率を高め、中国一国に依存する供給体制を見直す。マスク用不織布はメルトブロー(中間層フィルター)とスパンボンド(内側と外側の単層不織布)を製造する。

角田工場でのマスク・不織布ラインの稼働時期は7月を予定。投資金額は前回発表の約10億円から約30億円に引き上げる。

今回の国内マスク生産設備増強により、中国2拠点の工場と合わせて日本国内に月2億3000万枚を供給できる体制が実現する。