ボタン押すとオレンジ香る自販機 地域活性化へ淡路島に設置 ダイドードリンコ

ダイドードリンコは、飲料を購入する以外の楽しみを提供することで自販機による地域活性化策に取り組んでいる。3月25日、兵庫県南淡路市の農畜水産物直売所「美菜恋来屋(みなこいこいや)」に絶滅の危機に直面している淡路島原産の「淡路島なるとオレンジ」の香りが楽しめる自販機第1号を設置した。今月中をめどに島内の各施設に計10台を順次設置する。

「淡路島なるとオレンジ」は、生産者の高齢化で生産量が減少している淡路島原産・固有の柑橘類。オリジナルラッピングを施した自販機では、商品購入の有無を問わずボタンを押すと、「淡路島なるとオレンジ」の香りが噴霧される。