日生協連 新型コロナでアンケート 8割が「人の多い場所へ出かけるのを避けた」 情報取得手段の1位はテレビ

日本生活協同組合連合会は、3月27日から4月1日まで日本生協連に加盟する全国10の生協・生協事業連合加入の組合員を対象にインターネットによる「新型コロナウイルス感染症についてのアンケート」を行った。有効回答数は6349サンプル。新型コロナウイルス感染症の流行による暮らしや購買に関する影響について明らかにすることを目的にして行った。

主な内容は次の通り。

■新型コロナウイルス感染症の流行の影響で「人の多い場所へ出かけるのを避けた」が8割。「自宅で過ごす時間が増えた」が6割。

組合員に対し、新型コロナウイルス感染症の流行の影響で、自身や同居家族の生活に影響があったことを聞いたところ、上位3位は「人の多い場所へ出かけるのを避けた」(80・8%)、「自宅で過ごす時間が増えた」(64・1%)、「旅行や外出の予定を取りやめた・控えた」(53・6%)という結果になった。

また、新型コロナウイルス感染症の流行により、自身や同居家族が自宅ですることが増えたことを自由回答で挙げてもらったところ、「テレビ」や「ゲーム」といったワードが多く確認できた。

■休園・休校中の子ども・孫の平日の家での昼食準備は「食事の時間に大人が準備」が最も多く、「大人が作り置き」「子ども・孫が準備」が上位にランクインする結果となった。

休園・休校期間中の子ども・孫の平日の昼食をどのように準備したかを質問したところ、「食事の時間に大人が準備」すると回答した方が68・2%と最も多く、次いで「大人が作り置き(弁当以外)」が27・4%、「子ども・孫が準備(冷凍食品・即席食品などの利用を含む)」が26・8%となった。

さらに、自由回答では、子ども・孫が休園・休校(自主休園・休校含む)期間中に組合員自身が困ったこと・大変だったことを聞いたところ、「ご飯の準備」を挙げた方が多く見られたほか、子ども・孫が休園・休校期間中に組合員自身があって助かったものなどについては、「冷凍食品」「レトルト食品」を挙げる人がいた。

■情報取得手段として利用することが多いのは、第1位「テレビ」(90・2%)、第2位「インターネット(SNS以外)」(66・0%)、第3位「新聞」(47・1%)。

組合員に対し、新型コロナウイルス感染症の流行についての情報を得るために利用することが多かったものを質問したところ、「テレビ」が最も多い90・2%、続いて「インターネット(SNS以外)」が66・0%、「新聞」が47・1%となった。

また、「家族・知人からの情報」(19・7%)や、「SNS」(17・2%)と回答する人も一定数いることが分かった。