日本国内にマスクの生産設備を導入 日本政府の要請に対応 1ヵ月1億4000万枚供給へ アイリスオーヤマ

アイリスオーヤマは、大連工場(中国・遼寧省)と蘇州工場(中国・江蘇省)に加えて、宮城県角田工場(宮城県角田市小坂上小坂 1 番)の一部を改修してマスクの生産をおこなうことを決定した。角田工場のマスク生産は6月の稼働を予定している。設備投資金額は約10億円。

世界的な新型コロナウイルスの感染症問題の長期化に伴い、マスクの入手が困難な状況が続いていることが背景で、日本政府からの要請に応じて決定した。

同社は、これまで中国の大連工場と蘇州工場の2拠点で、24時間フル稼働でマスクを生産し、1ヵ月に8000万枚を日本国内に供給している。

今回、マスクの品不足が長期化していることを受け、新生産設備導入によって1ヵ月に6000万枚のマスクを新たに生産し、日本国内へ1ヵ月あたり1億4000万枚を供給できる体制になる。生産品目は不織布マスク(プリーツマスク、学童用マスク)。

これまで中国1カ国に依存していた生産体制を分散し、リードタイムを約2週間短縮して安定供給の体制を構築していく。