「オロナミンC」新たな顔に森七菜さん 生徒会長役で“元気はつよいぞ。”伝える 大塚製薬

大塚製薬は炭酸栄養ドリンク「オロナミンCドリンク」のCMキャラクターに若手女優の森七菜さんを起用し、21日から29日にかけて新CM「元気はつよいぞ。スピーチ」篇を放映した。

新CMでは、新年度に生徒会長に選ばれた森さん演じる主人公が緊張しながら初めてのスピーチに臨む様子が描かれている。楽曲は、森さんが歌うホフディランの「スマイル」を採用した。

「〈毎日、色々なことが起こるけれど、元気を出せば、前向きになれるし、きっとうまくいく事がふえる!〉〈元気が出ると、気持ちがちょっと、つよくなる。〉をコンセプトにした」(大塚製薬)とし、キャッチコピーに“元気はつよいぞ。”を掲げる。

新CMは、ツイッターやフェイスブックの各オロナミンC公式アカウント・ブランドサイトでも公開している。

大塚製薬は昨年、「オロナミンC」でWeb・SNSを活用したコミュニケーションに注力し、20~30代の新規ユーザーを獲得。発売55周年を迎える今年は、昨年の流れを加速させるべく20~30代の育成に力を注ぐ。