東洋精糖がトップ交代 新社長に大浦理氏 小島社長は相談役に

東洋精糖は17日、トップ交代(6月下旬就任予定)を発表した。「企業価値のさらなる向上を目指し、新たな経営体制で事業の一層の強化を図るため」として、小島社長が相談役に退き、大浦理(おおうら・さとる)氏が新社長に就任する。

◇ ◇

大浦理氏の略歴=昭和37年7月11日生まれ(57歳)、東京都出身。昭和60年3月中央大学文学部卒、60年4月丸紅株式会社入社。平成23年4月同社流通企画部長、25年4月食品流通部長、26年4月食品流通部付株式会社東武ストア出向、29年5月丸紅株式会社食品本部長付部長、29年8月食品流通部長、30年4月食品本部副本部長、30年8月畜産部付CREEKSTONE FARMS PREMIUM BEEF LLC出向、令和2年4月丸紅株式会社食品原料部、東洋精糖株式会社出向、同社顧問(予定)、2年6月同社代表取締役社長就任(予定)。

また、小島康之社長は6月下旬開催予定の定時株主総会日退任後、同社相談役に就任予定。