黄金比率は7:3に!「亀田の柿の種」 “国民投票”結果受け

亀田製菓は発売54年のロングセラー商品「亀田の柿の種」の黄金比率を、従来の柿の種:ピーナツ比「6:4」を「7:3」に変更する。

国内米菓市場でも№1の同商品は亀田製菓を代表する看板商品だが、昨年一般消費者から広く意見を求める〈私、亀田を変えたいの。キャンペーン「当たり前を疑え!国民投票」〉を実施(10月1日から11月27日まで)。Twitter、LINE、応募ハガキ等で応募された25万5,903票の結果をもとに決定したもの。

得票結果は「7:3」29.5%、「8:2」19.0%の順で、これまでの「6:4」は第3位(17.9%)だった。

同社では6月から新・黄金比率で「200g 亀田の柿の種 6袋詰」の発売を予定しているが、3~5月の移行期間はイメージキャラクター・マツコ・デラックスが出演するTVCMで告知するとともに、解散決定パッケージを期間中発売する。