家庭向けに紅茶リキュール アマゾン限定でテスト展開 アサヒビール

アサヒビールはリキュールの新商品「フォション 紅茶のお酒」をネット通販大手のアマゾン限定で2月18日から発売している。

19世紀末に創業したフォション社認定のセイロン茶葉を使った紅茶リキュールで、今回投入のフレーバーは「ストレート」と「アップル」の2種類。これまでも業務用として販売していたがアルコール度数は24%だった。今回は家庭用市場向けに12%とし、女性を主なターゲットに定めた。

働き方改革などで自由に使える時間が増え、くつろぎ時間での飲酒が増加しているとみて、仕事や家事などに頑張っている女性が、くつろぎシーン、ホームパーティーシーンで飲用することを想定している。

これまでのアサヒビールは、家庭用リキュール市場に対するノウハウが乏しかったというが、アマゾンでの販売を機に進出したいとする。

今回の新商品は本格的な紅茶の味わい、香りが特徴だといい、リラックスシーンとの親和性が高いとみており、ロックだけでなく、ソーダ割り、ホットミルク割りなどを提案している。

約1年間は2種類の品揃えで、アマゾンでテストマーケティングを実施。期間中にさらなるターゲットの明確化、効果的な販促を検証し、今後の商品展開、販売業態拡大を検討する。