「GREEN DA・KA・RA」から乳性飲料 ミルクと果実の味わい両立 サントリー食品

サントリー食品インターナショナルは、3月31日に新発売する乳性飲料「GREEN DA・KA・RA ミルクと果実」を「GREEN DA・KA・RA」ブランド第3の柱に育成する。

同ブランドは「親子を笑顔に」をビジョンに、日常生活で親しみのある素材を使い、スポーツドリンクや麦茶のほか、トマト果汁飲料やゼリー飲料などカテゴリーを柔軟に横断して展開しているユニークなブランド。

昨年は麦茶飲料の「やさしい麦茶」が牽引して前年比12%増の4千230万ケースを記録し、7年連続成長を達成した。今回、乳性飲料への横断と既存品の強化によってブランドトータルで5%増の4千450万ケースを目指す。

「ミルクと果実」の中味は、ミルクのやさしい味わいと、さわやかな果実の味わいを両立させた弱酸性設計と素材由来の自然な味わいが特徴。

甘さ控えめで、すっきりとした後味に仕上げられており、牛乳1杯分のカルシウムと2種のビタミン(ナイアシン、ビタミンB6)を配合し、栄養補給にも好適となっている。

ターゲットは子どもから大人まで。大人については、ミルクティーやミルク入りコーヒーなどの“乳”入り飲料市場が近年成長していることに着目し“甘いもので元気になりたいが、体のことが気になる”層にアピールする。

親子に向けては「子どもが喜ぶものを与えたいが、できる限り体に良いものを選びたい」というニーズに応えていく。

発売に先立ち、2日から9日まで同商品のお試し2本セットがもらえるフォロー&リツイートキャンペーンを実施している。容量430㎖で希望小売価格は税別130円。