キリンの自販機が犯人逮捕に一役 深谷警察署から感謝状

キリンビバレッジが昨年10月、埼玉県深谷市に設置した「みまもり自動販売機」が犯人逮捕につながった。

深谷警察署の依頼のもと画像提供を複数回実施した結果、その映像がきっかけとなり11 月に犯人逮捕に至ったという。

これを受け、同社は2月25日、埼玉県深谷警察署で深谷警察署長から感謝状を受領した。

「みまもり自動販売機」は、商品サンプル(コラム)の1つに独自開発の小型カメラを内蔵し、人の目線で120度近くの広角画像が録画できる仕組みとなっている。

みまもり自動販売機(キリンビバレッジ)
みまもり自動販売機(キリンビバレッジ)

一般的に防犯カメラは、犯罪防止を主目的に被写体からも分かる高い位置から撮影するのに対し「みまもり自動販売機」は被写体に気づかれにくいのが特長。内蔵可能な小型カメラで威圧感がなく、目線レベルの撮影は、ひとたび事件・事故が発生したとき、その後の捜査活動に極めて有効な角度だという

映像は、セキュリティーの観点から無線での送受信はできないようになっており、マイクロSDカードを警察署にある災害対策用PCに入れて警察のみが閲覧できるようになっている。自販機荒らしでSDカードが盗まれることも想定し、専用PC以外に差し込むとデータが破損される仕組みが施されている。

同自販機は18 年 7 月から東京の西新井警察署とともに設置を開始。以降、昨年10 月に深谷市・深谷警察署・寄居警察署と「防犯活動における協定書」を締結し、その一環として深谷市内の公園などの公共施設を含めた防犯上適切なロケーションに設置されている。