新型コロナ禍 休校、在宅勤務で異変 冷食、惣菜に特需

蔓延する新型コロナウイルスにより、食品業界にも影響が広がっている。すでに外食やホテルレストランでは客足が遠のき、消費税税率引き上げに続き大きな影響が懸念されている。歓迎会や宴会を自粛する動きは食にも影響。また、感染拡大を防ぐため、大手デパートの髙島屋は一部店舗で営業時間の短縮に入ったが、こうした動きが量販店にも波及しかねない。

安倍晋三首相は2月27日、コロナ感染拡大を抑制するため、全国すべての小中高校、特別支援学校において、3月2日から春休みまで臨時休校を行うよう要請した。異例の臨時休校だけに、共働き世帯やシングル家庭では子供の面倒をどうするかなどの問題も指摘されているが、春休みを含めた約1か月間は、学校給食で賄っていた昼食を自宅での食事に切り替える必要に迫られそうだ。

そうなると簡便性の高い冷凍食品や惣菜、パック米飯や大型PETボトル飲料、菓子類などに目が向くことは明らかで、スーパーの一部では弁当関連売場の拡大の検討に入った。人との接触を嫌って外食店への入店はできるだけ避けるものの、ファストフードのテイクアウトやデリバリーの需要は高まりそうで、宅配食も注目されている。

一方、企業によっては子育て世代が休暇をとりやすいよう会社に働きかけたり、大手では在宅勤務にシフトする動きも出ており、新たな食の動きが起こりそうだ。