AI活用で受発注効率化 書式ばらばらのFAX注文にも対応

大企業向け人工知能ソリューションを提供するシナモン社は、大手菓子メーカーのブルボンに非定型帳票対応型AI-OCR「フラックス・スキャナー」を活用した受発注業務効率化サービスを提供することで合意した。

ブルボンでは受注処理に対してシステム化が進んでいる一方で、FAXによる注文書も依然として一定の割合を占めており、帳票のフォーマットが固定されていないため作業の煩雑化、FAX経由による注文書の解像度の低下といった課題があり、従来型のOCRでは対応できなかった。

「フラックス・スキャナー」はフォーマットが固定されていない帳票や画質の良くない帳票でも効果的に情報を取り込むことを実現しており、両社はこのサービスを活用して注文書処理業務の効率化を目指すとともに、他の業務でもAIを活用した業務の効率化を推進するとしている。