味の素「勝ち飯」 愛媛県の食材とコラボ 社員食堂で1日限定提供

味の素は14日、東京都中央区京橋の本社・社員食堂で愛媛県産食材とコラボした「勝ち飯」メニューを1日限定で提供した。同社は、「がんばる人のチカラになる」をコンセプトにした独自の栄養バランスのよいごはん「勝ち飯」を展開しており、その一環として昨年11月に愛媛県産食材を使用した「えひめ・勝ち飯」メニューを展開。第2弾の今回は、味の素本社の社員食堂において1日限定で「えひめ・勝ち飯」メニューを提供。食堂入り口には「蛇口から出るみかんジュース」のディスペンサーも設置。また、1階では愛媛県産食材を展示した愛媛県物産展を開催し、愛媛県との連携を強めた。

「えひめ・勝ち飯」のごはんには、愛媛の新しいブランド米「ひめの凛」を使用。

「えひめ・勝ち飯」メニューを食べる社員(味の素本社)
「えひめ・勝ち飯」メニューを食べる社員(味の素本社)

「Cook Do きょうの大皿」を使ったぶり大根や、「ほんだし」を使った里いもときのこのみそ汁、はだか麦とほうれん草の白和え、ポンカンなど愛媛県食材をふんだんに使い、栄養バランスのとれたメニューとなった。

当日、味の素を訪れた中村時広愛媛県知事は「愛媛県初のオリジナルブランド米のひめの凛は、昨年発売後は非常に好評で、お米コンクールでも金賞を受賞した。それ以外にも愛媛は果物や海の幸、山の幸が豊富で、引き続き勝ち飯への採用を検討してほしい」とあいさつ。続いて味の素の西井孝明社長は「愛の国、愛媛の食材を通して身体の健康とともに心の健康にも貢献できるよう“えひめ・勝ち飯””をしっかり啓発していきたい」と語った。

蛇口から出るみかんジュース(味の素本社 社員食堂)
蛇口から出るみかんジュース(味の素本社 社員食堂)