働く女性「野菜生活Soy+」 たんぱく質ニーズに照準 カゴメ

カゴメの飲料事業の春夏戦略が固まった。女性を中心としたたんぱく質摂取ニーズに対応し、野菜と豆乳のおいしさが一緒に楽しめる「野菜生活Soy+」(ソイプラス)を新発売するほか、「野菜生活 100」ブランドや「同 Smoothie」でも新製品および販促を強化。新たに旬の国産果実を使った「同 濃厚果実シリーズ」を季節ごとに発売し女性の支持拡大を図る。

「野菜生活 Soy+」は、「30代女性(152%)や40代女性(149%)を中心に、たんぱく質への摂取意向が高く、合わせて野菜や栄養バランスも含め効率性を求めたカラダづくりのニーズが高いため開発した果実・野菜・大豆ミックス飲料だ」(西田裕美飲料企画部長)。おからまで丸ごと使用した青臭くない大豆に果実と野菜をブレンドした植物性たんぱく飲料で、2分の1食分の野菜を使用し、「まろやかプレーン」および「ベリー・プルーンMix」の2種類がある。2月25日発売。

西田裕美部長(カゴメ)
西田裕美部長(カゴメ)

「野菜生活 100」は、「アップルサラダ」の子供の栄養素を考えてカルシウムを強化し、1ℓのホームパックも追加。「同 Smoothie」は、朝の習慣飲用化を促進するため、おいしさ、栄養、デザインをバリューアップ。「オレンジざくろ&ヨーグルト」「濃厚マンゴーピーチ」「甘夏スムージー」「パイン&アセロラ」の新製品およびリニューアル品を加え、主に女性のおやつ・ご褒美シーンを促進する。季節限定シリーズとして、新たに「同 濃厚果実」シリーズを展開し、「北海道メロンミックス」「沖縄パインミックス」「北海道ベリーミックス」を期間限定で全国発売する。