ファミマ、レンジ専用おでん導入 オペ軽減とロス削減へ 具材は選べず

コンビニのおでんといえばレジカウンター横の鍋から客が好みの具材を選んで買う方式が定着しているが、具材の仕込みなど店舗スタッフのオペレーション負荷が大きいのが難点。

ファミリーマートでは加盟店からの要望を受け、注文を受けるたびにレンジで温めて提供するおでんを14日から全国約6千店で発売した。負荷軽減が図られるほか、売れ残って廃棄されるリスクが少なく、フードロス削減の効果も期待できるという。

具材は4個入り(税込268円)と6個入り(358円)の2種類。それぞれがセットになったパックから注文ごとに店員が容器に移し、温めて提供する=写真。レンジ専用のため、爆発のおそれがある玉子などは入っていない。

原則、加盟店ごとに従来の鍋方式か今回の新タイプのいずれか一方を選択する。新タイプでは効率化が図られる半面、従来方式に比べて具材のバリエーションが少ない、好みの具材を選べないといった点が顧客に受け入れてもらえるかが課題となりそうだ。