「偽情報」の誤解払拭目指す 「食と健康」フォーラム創設へ 味の素

味の素は11月29日、東京都千代田区丸の内の東京會館で「現代に必要なリスクコミュニケーションとは?~うま味調味料(MSG)/食品添加物を事例として」をテーマにメディア懇談会を開催。この中で西井孝明取締役社長(最高経営責任者)は、リスクコミュニケーション実践に向けた行動宣言を発表した。

同社は、これまでの2回の懇談会の中で、MSGに対する誤解は両極の意見の歩み寄りが進まないために起こっており、同様の問題はMSG以外にも存在していると認識。さまざまなメディアやSNSに偽情報が氾濫する中で、生活者に正しい理解を浸透するためにはリスクコミュニケーションについての議論が必要と判断し、今回の懇談会に至った。

懇談会では(公財)食の安心・安全財団の唐木英明理事長が「社会の変化と新時代のリスクコミュニケーション」、日本生活協同組合連合会の嶋田裕之代表理事専務が「生活者とのコミュニケーション」をテーマに講演。続いて東京大学大学院の林香里情報学環教授を加えて「現代に必要なリスクコミュニケーションとは?」をテーマにパネルディスカッションを行った。

この中で西井社長は「現在、塩分の摂り過ぎによる生活習慣病が課題となっているが、なかなか浸透していない。MSGをうまく活用すれば、おいしさを維持しながら減塩を進めることでき、課題解決の一助になる。こうした観点から適切な情報伝達、食の安全・安心にかかわるリスクコミュニケーションを適切に行っていくことが重要だ」と指摘。そこで新たなリスクコミュニケーション実践に向けた行動宣言を発表した。

行動宣言は「あらゆるステークホルダーに対する共感と信頼を得るコミュニケーションを通じ、正しい情報の浸透と誤解の払拭を図り、信念をもって真に健康で豊かな生活を目指すこと」を目的とし、新しいリスクコミュニケーションの場を立ち上げたい考えで、ここでは、普段の正しい情報やさまざまな意見の共有の場として、「食と健康」に関する情報を発信し、食に携わる企業や小売だけでなく、栄養士や大学、行政、団体、メディアなどさまざまなステークホルダーなどを巻き込み、フォーラムのような場を設定することを目指している。