カネカ食品、高級チョコ市場に参入 ベルギーから「ブノア・ニアン」輸入販売

カネカグループのカネカ食品は、ベルギーの高級チョコレート「BENOIT NIHANT(ブノア・ニアン)」の輸入販売を開始する。

「BENOIT NIHANT」はベルギー出身のショコラティエであるブノア・ニアン氏が展開する高級チョコレートブランド。世界のカカオ産地をめぐり、生産者とのつながりでより良いカカオ豆を厳選した素材のこだわりと、自らの工房でカカオ豆から板チョコレートに仕立てる「Bean to Bar」製法が特徴。単一農園・品種のカカオ豆から作るチョコレート作りが高く評価されており、ベルギー国内で5店舗を展開する新進気鋭のブランドとして注目されている。

このほど、ベルギー大使館でブノア氏を招いた商品発表会を開催。12月から「BENOIT NIHANT」ブランドサイトで本格販売を開始するとともに、バレンタインシーズンに向け、1月中旬から三越伊勢丹グループ、全国37の百貨店特設会場で販売を予定。

カネカグループは、ベルギーのPur Natur社と技術提携し、牛乳・ヨーグルト・発酵バターなどを組み合わせた特徴ある乳製品を幅広く展開。今回、新たにベルギーの高級チョコレートの輸入販売でベルギーの食文化の普及と、同社ニュートリション・ソリューションユニットが掲げる「食の多様化や豊かな食に貢献するソリューションを幅広く提供する」ビジョンを推進する。