ひかり味噌 輸出EXPOに出展 概念覆す新商品を紹介

ひかり味噌は27~29日に幕張メッセで開催される第3回“日本の食品”輸出EXPOに出展し、世界中から来場する食品バイヤーにビーガン対応のみそ汁、ハラール認証みそ、オーガニックみそ、照り焼きの概念を覆す新商品「Miso Teriyaki」などを紹介する。

同社は国内販売商品を輸出するだけでなく、現地の嗜好に合わせた海外専用商品を開発。中でもロングセラーの「Organic Miso」シリーズは、赤・白・減塩・西京・だし・玄米と6種類を取り揃え、オーガニックを全面に打ち出したパッケージデザインで展開。赤・白みそは7か国語に対応している。

海外における発酵食ブームを受け、みその輸出量は年々増加している。18年は前年比6%増の1万7千9tと最高記録を更新した。ひかり味噌も近年の輸出金額は年15%前後の伸びで推移しており、輸出国は欧米、アジアをはじめ60か国以上に拡大している。