がんこ料理コンテスト 決勝大会を開催

がんこフードサービスは10月29日、「第15回がんこ日本料理コンテスト」決勝大会を開催した。同社の調理部門社員が日頃培った調理技術を競うもので、参加者271人の中から一次予選・二次予選を勝ち抜いた20人が決勝大会に参加した。

決勝大会では「がんこ鯛」の三枚卸しや薄造り、寿司盛り合わせや創作料理などによって技術が競われた。開会式で小嶋達典社長は「出場者の皆さんには数多くの予選参加者の中から決勝大会に出れたことに自信を持ってほしい。調理の技術はもちろんだが、最高の状態でお客さまに提供するためには接客のメンバーとの関係性も重要になることも意識してほしい」とあいさつした。

各部門の結果は次の通り(敬称略)。

【和食調理長の部】優勝=高森祐太(高瀬川二条苑)、2位=村上義文(銀座8丁目店)、3位=栗山高志(梅田本店)
【寿司店長の部】優勝=永井秀明(梅田本店)、2位=泉井邦夫(天満寿司店)、3位=原田英樹(阪急東通り店)
【和食一般の部】優勝=西村晃生(平野郷屋敷)、2位=高田時永(道頓堀店)、3位=原山充(京都駅ビル店)
【寿司一般の部】優勝=安保裕貴(阪急東通り店)、2位=西村耕平(パンジョ泉北店)、3位=川上隆(天満橋店)