メープルスイーツコンテスト メープルの魅力競う 3部門の最優秀者決定

クインビーガーデン(東京都中央区、小田忠信社長)は7日、カナダ大使館で「第14回メープルスイーツコンテスト」の表彰式を開催、洋菓子、パン、和菓子各部門の最優秀賞を発表した。

同コンテストはメープルシロップ、メープルシュガーの可能性を探る目的でスタートしたもの。クインビーガーデンと同コンテスト実行委員会が主催し、カナダ大使館が協力、ケベック州政府在日事務所、日本洋菓子協会連合会、全国和菓子協会が後援している。

当日は全国から応募があった209作品(3部門総計)から1次審査、最終審査を経て入賞した各部門3人、計9人が出席。パン部門は向慶一さん、洋菓子部門は市原健太郎さん、長池博さんが最優秀賞を獲得した。

表彰式には中曽根弘文参議院議員をはじめ各界から100人を超す招待者が出席した。

青木均クインビーガーデン取締役(コンテスト実行委員長)は「多数の応募があった今年は日加修好90周年の記念すべき年。今年のメープルシロップ輸入は微減となっているが、今後の需要については心配していない。バランスの良いミネラル分や、60種類を超えるポリフェノールなど、メープルシロップの高い健康機能は今後さらに国内で支持されると信じている」とあいさつ。

続いて来賓の中曽根参議院議員、トレーシー・レイノルズ公使、ダヴィッド・ブルロット・ケベック州政府在日事務所代表があいさつした。

なお、各部門の入賞者、作品名、所属は次の通り。

▽パン部門=中村篤史「Trois d`erable café au noix」ドンク うめだ阪急モンジュ店、山﨑教正「Maple Ciabatta」スターバックス コーヒー ジャパン Princiキッチン東京、向慶一「Bostock‘RE’rable」ハイアットリージェンシー東京。
▽洋菓子部門=市原健太郎「楓のスペクタクル」ホテルグランヴィア大阪、手塚郁美「Bobbes erable」Atelier Sucre Epice、屋冨祖和也「Faveur」パークハイアット東京.
▽和菓子部門=北條智之「加奈山の幸」中村屋、森崎宏「森の恵み~和との出会い」東京製菓学校、長池博「楓の恵み」石村萬盛堂。