「トルコピスタチオカフェ」 限定7メニューを用意 ネスカフェ原宿で

ネスレ日本は、トルコから輸入・販売するチョコレート「ネスレ ダマック」に使用している希少なトルコ・ガジアンテップ産ピスタチオをテーマにした「トルコ ピスタチオカフェ by ネスレ ダマック」を、10~24日にかけて「ネスカフェ原宿」(東京都渋谷区)に期間限定オープンしている。

“ナッツの女王”とも呼ばれるピスタチオは、鮮やかなグリーン色と華やかな風味、健康イメージでおつまみのほかケーキやアイスなどにも使われ、女性を中心に人気上昇中。今回の企画では希少なトルコ・ガジアンテップ産ピスタチオをかけ放題のトルコアイスやピスタチオシェイク、ピスタチオごはん付きプレートなど全7メニューを提供する。

初日の内覧会で同社インターナショナルフーズ&インダストリアルサプライ事業部長の臼井忠樹氏は、「ダマック」について「トルコのチョコ?というのが最初の感想だったが、食べてびっくり。ピスタチオがごろごろ入っている。トルコはピスタチオの世界3大産地の一つ。日本ではあまりピスタチオのお菓子は売られていないが、こんな良い商品をもっと多くの人に知っていただこうと、トルコ大使館のご協力を得てこのような機会をいただいた」と説明。

また駐日トルコ共和国大使のハサン・ムラット・メルジャン氏は「(メニューを)一足先に試食させていただいたが、日本の味付けがトルコの食文化を豊かにしてくれることを実感した。トルコの文化と料理を知っていただくきっかけになればうれしい。ぜひトルコを実際に訪れて、その魅力をご自身の目で確かめていただければと思う」とあいさつした。