福寿園宇治茶工房リニューアル 「玉露亭」「体験茶亭二十帖」を新設

福寿園は9月26日、宇治茶体験施設「宇治茶工房(京都市宇治市)」のリニューアルオープンセレモニーを開催した。宇治茶や宇治茶を使った料理を提供する茶寮「玉露亭」と、パーソナルなイベントスペースでお茶を楽しめる「体験茶亭二十帖」が新設された。

当日は新設された玉露亭の前で福寿園の福井正憲会長、福井正興社長、京都府舟木浩副知事、「玉露亭」の看板を揮毫した萬福寺の近藤博道管長、平等院の神居文彰住職、タレントの安田美沙子さんによるテープカットが行われた。

セレモニーで福井社長は、「お茶は家庭で淹れるものから、ペット飲料など様々に変化している。カフェでも抹茶はドリンクやスイーツで楽しまれており、飲むだけではなくお茶を通して体験することが求められている。宇治茶工房によりこれからの日本茶、宇治茶の発展に寄与したい」とあいさつした。

新設された茶寮「玉露亭」は茅葺屋根の建物で、36席が用意され宇治川を眺めながらお茶や料理が楽しめる。「体験茶亭二十帖」は2人用の半個室が20室あり、抹茶や玉露を注文すると無料で使用でき茶園を眺めながらお茶が楽しめる。