害虫に強い加工用トマト開発 来年から北海道で本格栽培 カゴメ

カゴメは北海道の農業で深刻な問題となっている外来の害虫「ジャガイモシストセンチュウ」と「ジャガイモシロシストセンチュウ」に対して、抵抗性と密度低減効果を持つ加工用トマトを開発、2020年より北海道を中心に本格的に栽培を開始する予定。

ジャガイモシストセンチュウは、1972年に国内で初めて北海道で確認された外来の害虫。ジャガイモやトマトなどナス科植物の根に寄生し、生育を阻害する。寄生によりジャガイモシストセンチュウは爆発的に増殖するため、一度発生した圃場でのナス科植物の栽培はジャガイモシストセンチュウのまん延を助長する。現在、北海道を中心に1道4県1万1千ha以上の農地でジャガイモシストセンチュウの発生が確認されている。一方、ジャガイモシロシストセンチュウはジャガイモシストセンチュウと類似の外来の害虫。2015年に確認され、現在は植物防疫法に基づく緊急防除が行われている。

そこでカゴメはシストセンチュウに対して抵抗性のある加工用トマト品種を開発し、土壌中のシストセンチュウ密度を低減させる効果があることを、農研機構北海道農業研究センターと共同で確認。2020年から北海道を中心に本格栽培を行う予定で、研究内容は日本線虫学会第27回大会(11~13日、茨城県つくば市)で発表した。