「パワーハーブサラダ」で食卓の困りごと解決 エスビー食品

エスビー食品は夏の食卓の困りごとを解決するため「ベビーリーフ」を使った「パワーハーブサラダ」を紹介する。テレビやWebを通してプロモーションを実施。夏を元気に乗り切る提案に取り組む。

「パワーハーブサラダ」はベビーリーフを中心とする野菜、果物、たんぱく質素材の3つの要素が入るサラダで、ビタミン、ミネラル、たんぱく質を補える一皿。

エスビー食品は今年5月、全国の20~60代女性986人を対象にしたインターネット調査「夏の食卓調査」を実施し、食事作りの困りごとを聞いた結果、「時短」志向が高く、「暑さ」や「栄養バランス」問題もあることが判明。この結果を受け、8月2日の「ハーブの日」に合わせて「ベビーリーフ」を使った「パワーサラダ」を提案することにした。

レシピ監修は管理栄養士の浅尾貴子さん。浅尾さん監修レシピとして「チキンとパンのパワーハーブサラダ」「スモークサーモンとサワーライスのパワーハーブサラダ」「ローストビーフとそうめんのパワーハーブサラダ」を紹介する。

16日には同社ホームページ上に特設ページを開設。「夏の食卓調査」の結果や「ベビーリーフ」と「パワーハーブサラダ」、各種レシピを紹介する。7月29日~8月2日には日本テレビ「ヒルナンデス!」番組連動TVCM「何の日? ハーブの日」編(60秒)を放映。商品パッケージやSNSでも「パワーハーブサラダ」を提案する。