イオン「トップバリュ」52品を増量

 イオンは6月10日、この日からイオン・イオンスタイル・マックスバリュなど全国約1万店舗でプライベートブランド「トップバリュ」52品目を増量すると発表した。

 賃金上昇を上回る物価高が食品を中心に続き、節約志向が一層高まっていることを受けた動きとみられる。

 52品目は、パン・ヨーグルト・食品保存ラップなど暮らしの中で利用頻度の高い商品を中心に厳選したという。

 前期(2月期)「トップバリュ」の売上高は前年比10.9%増の1兆10億円となり、1兆円の大台を突破した。
 前期、「トップバリュ」で2500品の新商品・リニューアル品を投入し、購買頻度の高い「トップバリュ」商品の値下げと増量企画を実施したことが伸長を後押しした。

アイリッシュグラスフェッドビーフ日本市場拡大へ全力投球