ネスレ日本、ヤングシェフを応援 トック・ドール料理コンテスト5年ぶり開催

 ネスレ日本は、全日本司厨士協会主催の「トック・ドール料理コンテスト」に協賛しヤングシェフを応援している。

 同コンテストは、若手調理人の育成を目的に1998年に立ち上げられたもので、誠心学園東京誠心調理師専門学校が協力し、厚生労働省・外務省・農林水産省が後援している。

 第25回まで1年に1度、第26 回以降は2年に1度の頻度で開催され、29回目となる今回のコンテストは、コロナ禍を受け5年ぶりの開催となった。

 2月26日、北海道から沖縄までの全11ブロックの予選大会で選ばれた19人が、大会会場の学校法人誠心学園東京誠心調理師専門学校(東京都大田区)に集まり説明会が開催。

総合優勝を果たしたホテルメトロポリタン仙台勤務の中村賢二選手(中央)、全日本司厨士協会の宇都宮久俊会長(左)、ネスレ日本の柴森雅代サプライビジネス事業本部NP営業統括本部営業統括本部長
総合優勝を果たしたホテルメトロポリタン仙台勤務の中村賢二選手(中央)、全日本司厨士協会の宇都宮久俊会長(左)、ネスレ日本の柴森雅代サプライビジネス事業本部NP営業統括本部営業統括本部長

 翌27日、午前8時から午後3時にかけて東京誠心調理師専門学校で決勝大会、午後6時から品川プリンスホテル(東京都港区)で表彰式・レセプションが開催された。

 コンテストは、前菜・肉料理・デザートそれぞれに「マギー」などネスレ製品指定食材を使用するといった課題が設けられ、6時間を超える料理制作で総合優勝を果たしたのは、ホテルメトロポリタン仙台勤務の中村賢二選手(関東総合地方本部所属)。

 全日本司厨士協会の宇都宮久俊会長から賞状、ネスレ日本の柴森雅代サプライビジネス事業本部NP営業統括本部営業統括本部長から副賞が授与された。