東〜西日本は寒い冬 小売需要傾向を発表 ウェザーニューズ

ウェーザニューズ(千葉県千葉市、草開千仁社長)は11月29日、今冬の天気傾向と商品の需要予測をまとめた「冬の小売需要傾向 2022」を発表した。

今シーズンは、ラニーニャ現象の影響で偏西風が日本付近で南に蛇行するため、日本の上空には西回りで寒気が流れ込みやすい状況が続き、12月から2月の気温は、北日本では平年並〜やや高い、東日本では平年並〜やや低い、西日本は平年並〜低くなる予想で、東日本、西日本は寒い冬になりそうだとしている。

特に、12月から1月は強い寒気が流入しやすく、西日本を中心に、厳しい寒さと なる時期もありそうだと分析した。

冬物商品の需要は例年、年明けとともに落ち着いてくるが、今冬は1月に入っても寒い時期が続く見通しとなっているため、肉まん、鍋物、ホット飲料などの需要は例年よりも長くなりそうだとしている。

また、2月上旬から花粉が飛び始める予想となっているため、このタイミングで花粉症対策グッズに注目が集まりはじめる見込みとしている。花粉飛散量は、関東以西で昨シーズンより多くなる予想。特に西日本は昨対で1.7倍もの飛散が予想されている。

アイリッシュグラスフェッドビーフ日本市場拡大へ全力投球