PB「生活志向」の「おこげ煎ひじき入り」がUCDAアワード受賞 三菱食品

三菱食品はこのほど、一般社団法人ユニバーサルコミュニケーションデザイン協会主催「UCDAアワード2021」において、100円(税別)均一菓子のオリジナル商品「生活志向おこげ煎ひじき入り」が食品パッケージとして初めて「UCDAアワード2021」を受賞した。

受賞理由は、パッケージ表面にアレルギー物質の表示があり、店頭で手に取る前に注意できるところが親切であること、裏面は見やすい書体を使い十分な余白を取ることで原材料名と栄養成分の表示が見やすいこと、合成着色料や合成保存料が不使用で付随する情報も分かりやすく示していることが評価された。

生活志向シリーズは商品パッケージで28品目の原料表に使用原料を色付けして明示し、熱量・糖質・食塩相当量を明記。カルシウムや食物繊維、鉄分などの栄養成分を強調した商品を増やし、ロゴマークで生活者により分かりやすいデザインとしている。

また、パッケージ文字の一部にはUCDA認証を使用したユニバーサルデザインフォント「みんなの文字」を使用し、より見やすい表示に配慮している。

同社では限られた食品パッケージの表示スペースの中で、お客様にとって必要な情報をより分かりやすく表示することに長年取り組んでおり、「今般の受賞も、その取り組みが評価された。今後もお客様にとって、見やすい、分かりやすいパッケージの商品開発に努めてまいります」とコメントした。

UCDAアワードは、企業(団体)・行政が生活者に発信するさまざまな情報媒体を、産業・学術・生活者の「集合知」により開発した基準を使用して、第三者が客観的に評価し、優れたコミュニケーションデザインを表彰するもの。

主催するユニバーサルコミュニケーションデザイン協会は、産業・学術・生活者の重層的な議論によって「わかりやすさ」の基準を策定し、情報コミュニケーションが生活者にとって「見やすく、わかりやすく、伝わりやすい」デザインになっているかを評価・認証する国内唯一の第三者機関。