「伊藤園お~いお茶新俳句大賞」過去最多の約54万人が応募 総数205万句、最高位は14歳の作品

伊藤園は24日、「お~いお茶」商品パッケージに掲載して発表する「第三十二回伊藤園お~いお茶新俳句大賞」入賞作品2千句を決定した。

32回目を迎えた今回は、応募者53万9千140人、応募句205万7千963句と過去最多の応募数となった。

その数ある応募作品から、最高位の文部科学大臣賞に選ばれたのは、滋賀県野洲市の木村稀々香(きむら ののか)さん(14歳)の作品「花鳥風月私はここに海入れる」。

木村稀々香(きむら ののか)さん(伊藤園お~いお茶新俳句大賞)
木村稀々香(きむら ののか)さん(伊藤園お~いお茶新俳句大賞)

金子兜太賞には、埼玉県坂戸市の弓削田恵理(ゆげた えり)さん(36歳)の作品「ぬか床に太古の祖母が住みにけり」が選ばれた。

《参考》10 月24 日のオンライン入賞作品発表会のアーカイブ
https://itoen-shinhaiku.jp